Wanもみ

(社)日本ペットマッサージ協会公認・JPMA北海道支部

お問い合わせ:info@wanmomi.com

犬のストレスとこころと身体の関係

犬のストレスとこころと身体の関係

こんにちは。Wanもみスタッフ 橋本理恵です。
前回のブログでは、「犬のストレス」について考えてみました。

 

本日はこの続きで
「ストレスがある状態が続くと~こころと身体はどんな変化をしていくか」

具体的に考えてみましょう。

_________

たとえば
「苦手な人がそこにいる!!」
そんなときこころと身体はどうなっているでしょうか?

こころは?
呼吸は?
心臓は?
血圧は?
筋肉は?

_________

自分の身体のことを考えてみると理解しやすいかもしれません。

こころは ~ 恐怖・不安…

こころが動くとともに身体も動く。

呼吸は ~ 息をつめている。浅くなっている。
心臓は ~ ドキドキドキドキ。早くなっている。
血圧は ~ 上がっている。
筋肉は ~ 緊張。かたくなっている。

この「ストレッサー」に「負けないぞ。戦うぞ!!!」
身体は戦闘モードにスイッチオン。「交感神経が優位」の状態になります。

IMGP8352_convert_20161003123127

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、このとき
「胃腸のはたらき」はどうなっているでしょうか?

ゆっくり消化している?
きちんと排泄の準備をすすめてる?

:::

答えは~ NO。

戦っているときには
消化している場合ではない。ゆっくり排泄している場合ではない。

だから
消化器系の働きは抑制されています。

ここからわかること。
この状態がずっと続いていたら…

t02200165_0800060012772393822[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

体がずっと戦闘モード

・胃腸の働きが乱れて下痢になる
・イライラという状態で物事に過敏に反応する
・血行が悪くなって皮膚・被毛が悪くなる ・・・

心身に変調がでてくるということ。

我が家の愛犬もそうですが
過敏に反応しすぎたら、戦闘モードから自分では抜け出せなくなることもある。

だからここで
オーナーさんが意識的に「ストレスケア」。
愛犬にリラックスをもたらしてあげることが心身の健康に役立ってきます。

P1040003_convert_20150726222710

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ゆったりナデナデドッグマッサージ
・ゆったりアロマを感じてのんびり過ごす …

 こころと身体はつながっている

この戦闘モードを長引かせ過ぎずに、リラックスモードへの切り替えを上手にしてあげたい。


 いちばん近くにいる私たちだからこそできる
愛犬のためのケアがあります♪

 

********

「愛犬と楽しむ!デジタル一眼レフ ステップアップレッスン♪」参加者募集中!

■ 日時:2017年11月27日(月)10:00~11:30
詳しくは:コチラにて

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■(社)日本ペットマッサージ協会 
「ペットマッサージ 公認アカデミックセミナー」
札幌にて随時開催しています。
愛犬の健康に役立つリンパ・ツボマッサージを学びます。
日程はコチラ 

☆————————————————————————————————————–☆

【メルマガ】配信にて お役立ち&最新情報お届けしています。
Wanもみトップページ右下よりhttp://www.wanmomi.com/ご登録いただけます! 

« »