Wanもみ

(社)日本ペットマッサージ協会公認・JPMA北海道支部

お問い合わせ:info@wanmomi.com

Wanコミュ

Wanもみメンバーのブログです。活動状況やメンバーおすすめ情報など発信していきます!

ブログ一覧

運動不足になってない?!室内運動で活性化☆

こんにちは。橋本理恵です!

札幌に長らく居座った冬将軍も
やっと去ってくれそうな予感の週末。

久しぶりにプラス気温がやってきそうで嬉しいです。

春の兆しが

少しずつ見えてきていますが

それでも
小型犬・シニア犬などで

寒くてお散歩もすぐに帰ってきちゃう…ってワンちゃんがまだまだ多いこの季節。

 

 

冬はどうしても
運動量が減ってしまいますよね。

だから
おうちでも
意識的に身体を動かさせる工夫をするといいですね。

 

例えば

・部屋の中で
おやつやおもちゃを使って誘導。
部屋の端から端まで
何往復も遊びながら歩かせる。

 

・小型犬なら
クッションや布団なども
ちょっとした障害物
障害物をまたがせたり、
ふかふかな布団の上を
歩かせることで

足を高くあげることになり筋トレに。

例えば
↓ コレをまたいで歩かせるの。

クッションなどの
ちょっと不安定なものの上にのせて
微妙なバランスをとらせる。
(ケガはしないように注意!)

 

・オヤツで誘導。
おすわり・たって・おすわり・ふせ…
ゆっくりとした動作をさせることで
これも筋トレ。

 

・音楽にあわせて
ちょっとした動きを一緒にやってみる。

なんちゃってドッグダンスも楽しそう~♪

・・・などなど
工夫次第で

室内でも身体を動かすことできますよね。

 

また
起きてすぐや寒いところでは
筋肉がかたくなっているので

まずは身体全体を
すばやくワシャワシャとマッサージして

身体を目覚めさせたり
身体が動きやすくなってから
運動をすることも

思わぬケガを防ぐために大切なこと。

シニア犬は特に
寝てばかりになりがちですが
昼間は起こして
遊び&運動を。

筋肉量やバランス力をキープして
いつまでも自分の足で歩けますように☆

寒い日のポカポカケア☆

こんにちは。橋本理恵です♪

札幌では「雪まつり」が開催中。

最近の傾向では
雪像がとけるような温かい日があったような気がするのですが…今年はさむ~い!!

 

 

今日の札幌の最高気温
マイナス11度

 最高 ?!

思わず目を疑ってしまいますよね(苦笑)

40年ぶりの寒気とのこと。
今日以降もしばらくは
最高気温マイナス5度前後と
札幌でも寒い日が続きます。

 

シニア期にさしかかり
寒さが苦手になっているワンちゃんは
より丁寧にポカポカケアを。

そして
若くて元気な
寒さに負けないワンちゃんも
ポカポカケアを。

犬にとっても
「冷え」は万病のもと。

この期間は
どちらのワンちゃんも
ポカポカケア
したいものです。

 

 

簡単にできる
あったかケアとしては…

室温・湿度を適切に

洋服を利用する

・あたたかい毛布を準備

ホットパックやカイロを利用(低温やけど注意)

・ハーブやアロマで温湿布

・遊びながら運動をして血行をよくする

 

あたたかいスープをフードにかける
あたたかいごはん

・ラム肉など身体のあたたまる食材

マッサージをして血行を促す …などなど

 

ちょっとの工夫で
「寒いときのホームケア」をしてあげることができます。

春までもう少し。

この時期も元気に過ごしていってくださいね♪

犬との時間を大切に☆


こんにちは。橋本理恵です♪

今月は私が担当させていただきます。

私事ですが
我が家の愛犬ジュエル
1月で

「15歳」になりました!!

ささやかにお祝い☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も
ペロリとあっという間に
完食する姿を眺めながら

この日を
元気に迎えられたことに
幸せを感じながらのひとときでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴハンを待ってソワソワする姿
ゴハンを食べる姿
顔にゴハン粒をつけている姿
おやつをおねだりする姿

吠えている鳴き声
ダッシュしている姿
抱っこをせがむ姿

寝顔
怒っている顔
甘えている顔
目を輝かせている顔
暖かいぬくもり …

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たり前の毎日なんだけど
何気ない毎日にある
ひとつひとつのこと

今この瞬間が
とても貴重で愛しい時間なんですよね。

犬との時間を
じっくり味わいながら
ともに時を重ねていきたい。

改めて感じた
15歳の誕生日でした☆

幸せの証明

 

こんにちわ♬WANもみスタッフamiが

今週もちょっぴりハートフルなお話を提供します!

 

 

1月22日、仕事を終わらせて帰宅前にブログ更新しようと

カフェに寄るも、どんな内容にするか悩むこと数十分。。。

周りの人の声で全然集中できないわたしは、

 

友人にラインをする。

 

“ブログ更新、正直ネタに困っています”

 

それに、きのう険悪モードになった

大好きな彼とのことも引きずっていて

全く集中が出来ないのだ。

これは本当にお手上げだ。

 

“お得意の深層心理については?”と友人から。。。

うん、まあそうだなあとわたし。

 

“そういえば、君も愛犬家として知りたいことはないの??”

 

 

“それはもうただ一つ”

“ちゃんと幸せかどうか”

 

 

ああ、そうだ。。。

 

なんてシンプルで明確な答えなんだろう!!!

きっと全ての愛犬家はそう思っているに違いない。

 

 

言葉を発することのできない彼らが、

私たちとの暮らしで幸せを感じているかどうか知りたい。

それは、愛しているが故に幸せであって欲しいと願う、

人間のシンプルな願い。

昨夜の彼とのことも実は、

このシンプルな願いからの気持ちの行き違いだった。

 

なんてリンクするんだろう。。。

 

もう!今週のブログの記事はこれしかない!!!

わたしはそう思い、稲妻の如くペンを走らせたのであった。

 

 

 

というわけで!!!

 

皆さん、ここまで読了ありがとうございました(^^)

さてさて今週のお題は幸せについて❤︎

 

確かに!!本当にその通りですよね、

この言葉に目からウロコのamiなのでした~

皆さんはご自宅のワンちゃんが喜んでいる姿って

どういう状態になっている事だと思いますか?

 

尻尾を振っていること?

顔をペロリとなめてくれること?

 

ワンちゃんはもともと群をなして生活していた狼がルーツ。

彼らの行動のひとつひとつに、そのヒントは隠れている筈です。

 

例えば、ジッと目を見てくる、尻尾を振るという行動にも

2種類の意味があって

微妙なニュアンスの違いで、信頼と警戒のパターンがあるのです。

 

アイコンタクトやボディランゲージ。

犬はとても人間と似ていて、この行為だけで言葉を発さなくても

意思疎通ができるような気がしますよね。

 

 

リラックスして寝る姿、

散歩をしている時に振り返って目を合わす仕草。

撫でてほしくて甘えてくるところ。。。

 

 

 

 

わたしはこういった行動のひとつひとつに

彼女たちとの信頼を感じています。

 

 

 

愛犬が

“幸せかどうか”

 

 

 

 

 

もちろん、同じ哺乳類でも違う種族。

その答えはもしかしたら見つからないかもしれません。

 

でも、

ただ一つ、間違いなく言えるのは、

 

“愛犬と共に生活をしている私たちは幸せである”

 

ということなのではないでしょうか?

 

犬は群れを大切にする生き物。

信頼をしている相手が幸せであるなら

それが彼らの幸せでもあると

わたしは信じています。

 

 

記憶のおはなし。

こんにちわ!WANもみスタッフのamiです☆

今日はもう18日!! 1月もまたたく間に過ぎていきますね(>_<)

 

わたしは、WANもみの活動の傍ら

普段はショップスタッフとして働いているのですが

先日、全く偶然、20年前に同じショップで

働いていた方にバッタリお会いしました!!

お客様として話しかけられた時に

「どっかで見たことあるなあ。。」と思い

ハッキリと思い出すまで約15分(笑)

 

恐る恐る もしかして。。。と再び声をかけました。

 

最初は彼女も青天の霹靂みたいな顔をしていましたが、

当時の記憶を思い起こしつつ

2人でディスカッション。。すること約3分(笑)

 

「ねえ!!可愛いワンちゃん飼ってなかった!?」

「あ!!可愛くはないけど。。。飼ってました!!下顎出てる。。。」

 

「アンチョビ!!!!!」   2人同時にハモりました。

 

当時、わたしは元飼い主さんの都合で行き場を失ったミックス犬を飼っていて

彼女は写真で見せただけのアンチョビを

ずっと可愛いなと思っていてくれたそうです。

 

 

 

わたし自身の記憶は例え薄くても、

それはそれで嬉しかったですし、

お空のアンチョビも喜んでくれていると思います(^^)

 

 

わたしは、記憶力が悪い方なんですが、

人間の記憶も犬の記憶も、

五感と関連づけると長期保存ができるらしいですよ(^^)

例えば、ワンちゃんを叱るときに

その場ですぐに叱らないといけないのも

数分経つと、した事自体を忘れてしまうから。。。

 

飼い主さんやお手を忘れないのは、

楽しい記憶と共にあって、

根気強く教えるからなんだそう。。

 

確かに人間だって懐かしい香りや音楽を聴いた時に、

その頃の記憶が蘇るのは、

五感と共に記憶をインプットされているから

なんでしょうね!!

 

そういう記憶は、ワンちゃんも私たちも

生涯にわたり忘れる事がないそうです。

 

もしも、

人間の手で傷つけられたワンちゃんが身近にいたら、

この事を思い出してください。

 

 

 

悲しかったことや痛かった記憶は、

再び、人間の温もりのある手で

塗り替えられることができるとわたしは信じています。

 

だからこそ、ペットマッサージや

アロマテラピーをもっともっと

愛犬と共に楽しんで欲しいと願っています。

 

 

そんな訳で。。。。

わたしも記憶に残る女になるよう頑張ります!!!

(この場をお借りして今年の抱負とさせて頂きます笑)