Wanもみ

(社)日本ペットマッサージ協会公認・JPMA北海道支部

お問い合わせ:info@wanmomi.com

この時期の養生は?

この時期の養生は?

みなさん、こんにちは!
Wanもみスタッフのyukaです。
今月は、私がグログを担当します(^_-)-☆

夏至(今年は6月21日)を過ぎ、いよいよ夏ですね
夏至は一年で最も昼の時間が長くなり、
「一年で最も日が長い日」としておなじみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期は梅雨の地域も多く、Wanもみの活動地域の北海道も
最近では蝦夷梅雨と呼ばれる雨の日が続いておりますが、
夏至は「夏に至る」と書くように、この辺りから夏の盛りに
向かっていくと言われています。

中医学では、『冬病夏治』と言う言葉があります。
これは、冬に悪化しやすい病気は夏のうちに養生すれば
防ぐことが出来ると言う意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬に悪化しやすい、冷えやリウマチなどの痛みや膀胱炎、腎盂炎、
喘息、気管支炎などは、陽気不足が原因で起こることが多く、
陽気が充実する夏の方が治療をしやすいと考えられているためです。

江戸時代の『養生訓』(貝原益軒:著)では、旧暦の7月8月
(現在の8月9月)に温灸をすると体によいと書かれています。
この時期は残暑が厳しいので汗腺が閉じず、体表の気が
閉じない状態になります。

そのため風邪(ふうじゃ)が体に侵入し、不調をきたすのです。
また、「できるだけ冷たい風にあたらないように」と書かれています。
現代では、自然の夜風以外にも、クーラーや扇風機の風も当たり過ぎに
注意ですね。

そして、夏の間に養生ができないと、秋になって呼吸器系や皮膚の
トラブルが現れやすくなるとも言われています。

この時期は、温かいものを食べたり、マッサージをしたり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お灸を据えたり、ハーブボールなどを行って、
陽気を補うことがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、私たちと一緒に暮らす愛犬たちにも当てはまります。
愛犬と一緒に、夏に養生して冬に備えていきましょう(^_-)-☆

 

 

 

 

 

☆————————————————————————————————————–☆
■(社)日本ペットマッサージ協会
「ペットマッサージ 公認アカデミックセミナー」
札幌にて随時開催しています。
愛犬の健康に役立つリンパ・ツボマッサージを学びます。
日程はコチラ
☆————————————————————————————————————–☆
【メルマガ】配信にて お役立ち&最新情報お届けしています。
Wanもみトップページより
https://www.wanmomi.com/
ご登録いただけます!

« »